女性が望むセックスライフ

女性の感じるときに見せるしぐさ

 

女性のしぐさ

女性が感じるとどのような行動をとるのかをまとめてあります。正しく理解して、女性の状態を把握できるようになりましょう。

 

女性の性的快感の反応で、全身の骨格筋が緊張することがあります。

 

例えば顔面筋肉の収縮や、呼吸機能の高まりによりできるだけたくさんの酸素を吸ってはこうとします。その結果、鼻孔が広がり口が開きます。

 

後、男性との一体感を求め、体の表面をより多くの面積で接したいという欲望が出てきます。そのため、女性の方から男性にしがみつくような行為があらわれます。

 

これは、オーガズムに達したときの浮揚感、軽い失神への不安から無意識のうちに身を守る行動の表れだとも言われています。

 

さらに、うっすらと全身が汗ばみます。この点もよくおこる現象で、感じている証拠でもあります。

 

最後に、女性は快感が絶頂に上り詰めると骨格筋が激しく収縮してカチカチに硬くなります。腹筋はもちろん、足をぴんと伸ばすのもこのためです。

 

この状態から一気に弛緩すると血液がどっと流れ込み、天にも昇るような快感が味わえるのです。

 

最近では女性のための勃起薬、女性用バイアクラが販売されて話題になっています。オーガズムに中々達せないという方におすすめです。日本では個人輸入で通販できるので誰にも知られず購入できます。

女性が感じるときに見せる10のしぐさ

 

女性の性交時の反応について説明します。もちろん個人差がありますのですべてがそうだとは言えませんが、一つの指標としてご理解ください。

 

女性が男性にしっかりとしがみつくしぐさ

 

愛撫においても、挿入してからも、できるだけ多くの表面積を接触させることが大切です。

 

女性が両足を伸ばすしぐさ

 

これは、陰部への直接の刺激を求めるしぐさです。両足を伸ばすと、接触面が性器の上部に当たります。したがって、女性が足を延ばすしぐさを見かけた時には、クリトリスへのダイレクトな刺激よりも、性器周辺への刺激の方が女性には優しく、心地よく感じるのです。

 

女性が背をそらしてお腹を突き出すしぐさ

 

性上位の時は、膣は下を向いているため、深く挿入することができす、膣の浅い部分への刺激となります。このしぐさがあらわれるときは、膣入り口付近を刺激してほしいというサインなのです。

 

女性が腰を振るしぐさ

 

女性は性快感が高まってくると、理性のタガが外れて恥ずかしさを忘れることができます。自分から腰を振るしぐさは腰を振ることによって自ら一番気持ちがいい部分へ刺激を当てるようにするしぐさなのです。この動作が出た時には女性の思うように動いてもらうことで、その女性が一番気持ちいいと感じるポイントを知ることができます。

 

両足を上げてからみつくしぐさ

 

性上位の時に女性は絶頂間に近づくと、寄り付様刺激と接触感を求めるようになります。両足を上げて男性に絡みつくしぐさをします。女性はそうすることによって、膣が上に剥きます。つまりこのしぐさは膣の奥への刺激を求めているサインとなります。

 

股間をよじるしぐさ

 

女性は膣の奥が広がると同時に子宮が上昇します。この現象のために深く挿入しても膣壁と密着せず、接触感が薄らぎます。そこで股間をよじることにより、膣壁を狭め、しっかりと包み込もうというサインなのです。

 

腰を横に振るしぐさ

 

同じ個所への刺激が持続すると、刺激に対する慣れが生じてきます。そのため刺激効果が低下します。女性が自ら腰を横に振るしぐさを見せるときには、その刺激では足りないと感じているときで、左右への膣壁への刺激を求めているというサインです。

 

体をそるしぐさ

 

女性が絶頂に達すると、全身の筋肉が強く収縮するため、足を伸ばし背をそらします。この激しい収縮の後、全身の筋肉が弛緩して、全身に一気に血液が流れることによる解放感と快感が来ます。これがオーガズムの正体です。

 

この後しばらくしてピストン運動を再開し、再び絶頂に導くと女性はさらに強いオーガズムと感じることがあります。

 

つまり、女性のオーガズムは1回目よりも2回目、2回目よりも3回目の方が強烈に感じるので、男性はここに至るまで射精をコントロールするといいです。

 

愛液があふれてくる

 

オーガズム時の筋肉の収縮の開放により、膣の中が狭くなり、膣内部にあった愛液を押し出します。このような状態になっているとき女性はオーガズムの状態から徐々に回復しているときです。